整形外科

足立慶友リハビリテーション病院の整形外科について

経験豊富な整形外科の専門医が、患者様一人ひとりの状況に応じた手術プランを計画し、適切な手術療法を提供いたします。

当院の特長

1. 運動器の専門家が集まる病院

整形外科の領域には、その関節・部位ごとに専門家がいる細分化された領域です。当院では、股関節は股関節の専門家、膝関節は膝関節の専門家、背骨なら背骨の専門家、手なら手の専門家、などそれぞれの領域の専門家が集まり手術療法を行なっております。

2. 患者様の状況に応じた手術プランの作成

患者さんの個々のレントゲンやCTといった画像情報を元に、個別の手術プランを作成し、手術療法を提供します。

3. 適切なタイミングで手術療法を提供する

関連のクリニックで患者様の状況をこまめに診察し、手術が必要な適切なタイミングで治療を提供することができます。

取り組み

1. できる限り「痛くない」術後

当院の院長であり松本先生は麻酔科専門医、つまり、痛みの専門家です。患者様が手術後に疼痛でなるべく悩まないような取り組みを行ってまいります。

2. 術後早期の離床

近年の医療では、手術後は可能な限り早期離床・早期歩行を行うことが、良好な術後経過には必要なことと考えられております。それを達成するために、術後の早期離床を阻害する要因を可能な限り無くす取り組みを行ってまいります。

3. 病院もスタッフ全員が患者さんの状況を把握

スタッフ同士の対話といったいわゆるアナログの技術に加え、電子カルテの導入をはじめとしたテクノロジーの利用と組みわせることで、病院スタッフ全員が患者様一人ひとりの状況を適切に把握できるような取り組みを行ってまいります。

スタッフ紹介

北城雅照 (医師)

北里大学医学部卒業。北里研究所病院で初期研修を行い、慶應大学整形外科学教室に入局。
同大学の関連医療機関にて、新生児から成人まで幅広く整形外科診療の研鑽を積んだ。日本整形外科学会整形外科専門医、リウマチ認定医を取得している。